第3回フットケアの日市民啓発関東地区大会 報告

下北沢病院 西出 薫2019年3月9日(土)、下北沢病院と隣接の北沢タウンホールにてフットケアの日市民啓発関東地区大会を日本フットケア学会と下北沢病院、さらに一般社団法人足の番人との共催で行いました。スタッフは関東地区のフットケア指導士24名、足の番人コアメンバー6名および下北沢病院職員11名、…

セミナータイトル:ほっとけない足の血管病変

セミナータイトル:ほっとけない足の血管病変日時:2019年3月15日金曜日 18時30分〜20時30分場所:北沢タウンホール担当講師:下北沢病院医師 長﨑和仁受講者人数:40名数多くの方が悩まれている足のむくみや血流障害。なぜ起きるのか?対処法・治療法は?日常生活でどう気をつけたらよいか?…

100歳まで自分の足で歩けるひざ年齢若返りメソッド

リソークリニックの院長で、下北沢病院にも勤務されている磐田先生(整形外科)が執筆された「100歳まで自分の足で歩ける ひざ年齢若返りメソッド」から、特別にメソッドの1つをご紹介させていただきます。本の内容としては、30代から100歳まで、運動・クツ選び・サプリ・通院・投薬…など、年齢に合ったひざ痛の対処法を紹介…

アドバンスコース⑦「歩行とリハビリ」セミナー開催報告(2018年10月12日)

平成30年10月12日金曜日に作業療法士の宇佐美が「リハビリテーション」と言うテーマで、セミナーをさせていただきました。一般社団法人 足の番人とは、「危ない足」「危なくない足」の違いを熟知し、患者さん、利用者さん、お客さんの足の問題点を察知することで、足の評価や、フットケアに関わることでトラブルの悪化を防ぎ、寝…

アドバンスコース①「フットケア」セミナー開催報告(2018年12月14日)

『セラピストによる高齢者のフットケア』2018/12/14 活動報告    歩っとけあ 代表 嘉陽 海子高齢者のフットケアに特化して、12年ほど前より、高齢者施設に出張しフットケアをさせて頂いております。その経緯を自己紹介の中でさせて頂きました。実際に高齢者施設内で行っているご高齢のお客様(利用者様)への対…

おススメの特集記事

足趾の間の胼胝

第4,5趾の指と指の間に硬い胼胝ができている方を見かけます。特にヒールを履いている女性に多いようです。レントゲンで見るとその原因がよくわかります。ご覧のように…

足のしびれ

当院の外来には「足のしびれ」で来られる方がたくさんおられます。今回はその中でも特に多い「前足部の足底側に限定したしびれ」について説明いたします。前足部とは…

女性の足の裏のタコについて

ヒールを履いている女性の足には、母趾と第二趾の間の部分にしばしば縦長の胼胝ができています。中にはウオノメ(鶏眼)がいくつも並んで痛みが出る方も。ヒールを履いて…