足の番人の仕組みが国際産学連携本部主催 筑波クリエイティブ・ キャンプ・アドバンスト優秀賞・審査員賞 ダブル受賞しました!

一般社団法人 足の番人とは、「危ない足」「危なくない足」の違いを熟知し、患者さん、利用者さん、お客さんの足の問題点を察知することで、足の評価や、フットケアに関わることでトラブルの悪化を防ぎ、寝たきりやフレイル、歩行障害の予防する地域の足を守るゲートキーパを育てる団体です。 今回の活動報告は今までと少し違い…

足の番人 ベーシックセミナー

日時:2020年 1月23日 木曜日 18:30~20:30会場:北沢タウンホール 3階会議室講師1担当講師:下北沢病院長 菊池守先生講師2担当講師:下北沢病院看護師 西出薫参加人数: 51名参加一般社団法人 足の番人とは、「危ない足」「危なくない足」の違いを熟知し、足の評価 やフットケアに関…

セラピストが伝えたいフットケアのコツ

日時:2019年月12月4日水曜日18時30分~20時30分 場所:北沢タウンホール3階 担当講師:Fioretti代表・一般社団法人爪療法士協会副理事長 平扶美子先生 FootReset代表・一般社団法人爪療法士協会事務局長 畔上嘉美先生 受講者人数:40名 一般社団法人 足の番人とは、「…

アドバンスコース カテゴリ⑤「むくみ」

日時:2019年月11月7日 木曜日 18時30分~20時30分場所:北沢タウンホール3階担当講師:下北沢病院 菊池 守医師受講者人数:45名 一般社団法人 足の番人とは、「危ない足」「危なくない足」の違いを熟知し、足の評価やフットケアに関わることで患者さん・利用者さん・お客さんの足の問題点を察知し…

おススメの特集記事

フットフレイル

最近注目されている「フレイル」という概念があります。海外の老年医学の分野で高齢者に起こりやすい「虚弱」や「老衰」をさす「Frailty」の日本語訳として、日本老年医学…

糖尿病足病変の3つの治療期について

糖尿病患者さんの足のキズ(糖尿病足病変)は非常に治療に難渋し、再発を繰り返す疾患ですが、その治療は3つの時期に分けて考える必要があります。①不安定な血行や防御知覚が低…