100歳まで自分の足で歩けるひざ年齢若返りメソッド

  1. 足の知識

リソークリニックの院長で、下北沢病院にも勤務されている磐田先生(整形外科)が執筆された「100歳まで自分の足で歩ける ひざ年齢若返りメソッド」から、特別にメソッドの1つをご紹介させていただきます。

本の内容としては、30代から100歳まで、運動・クツ選び・サプリ・通院・投薬…など、年齢に合ったひざ痛の対処法を紹介しています。関節痛が起こるメカニズムや、高齢者のための筋肉の鍛え方、ウォーキングの正しい方法、ひざ痛を和らげる工夫、薬やサプリの選び方など、関節痛に悩む人に、手術や投薬なしで、生活の質を下げず元気に100歳まで歩ける方法を紹介しています。
ぜひ一度お手に取っていただければと思います。

★ひざ若返り体操のポイント

★仰向けに寝て脚を上げる体操

★椅子に座って脚を上げる体操

★横に寝て脚を上げる体操

その他、

■「ひざの痛み」対策の常識を疑え!
・整形外科にダラダラ通うな
・ひざ手術の有効性、ホントの話&ウソの話
・間違ったウォーキングでさらに悪化する
・水を抜くとクセになるって本当?
ほか

■整形外科医が知ってほしい 最善の治療法
・入院しないで痛みが取れる治療法
・手術以外に治せる最新治療法
・軟骨は再生できる
ほか

■老化現象としてのひざの痛み
・関節が痛くなるメカニズム
・関節痛と遺伝の関係
・歩き方のクセがひざの寿命を左右する
・関節が痛くなる前に予防策はあるのか
ほか

■年齢別のひざの痛み対処法
・若々しい関節年齢を保つ生活術
・30代から40代の対処法(運動)
・50代から60代の対処法(運動・クツ選び・サプリ)
・70代から90代の対処法(クツ選び・サプリ・投薬・通院)
・100歳の対処法(投薬・通院)
などなど

巻頭付録として、ひざを元気にする! 磐田式「ひざ体操」を収録。

内容(「BOOK」データベースより)

1日3分で変形性膝関節症の痛みを軽減!体操・ツボ押し・サポーター・サプリメント・漢方・生活習慣・日常動作・靴選び・ウォーキングetc…最先端の研究によるさまざまな対処法!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

磐田/振一郎
1971年生まれ。1996年に慶應義塾大学医学部卒業後、2010年まで同大学関連病院整形外科勤務。2004年にスタンフォード大学工学部に留学し、客員研究員としてひざ関節の動作解析および軟骨のMRI測定について研究。帰国後は、各地の総合病院にてフリーの整形外科医として人工膝関節手術をはじめとした手術の執刀、診療に携わる。2009年に「NPO法人腰痛・膝痛チーム医療研究所」を設立。2017年より帝国ホテル東京本館4階にて、関節の再生医療を専門とした「リソークリニック」を開院。医学博士。日本整形外科学会認定整形外科専門医。日本再生医療学会認定再生医療認定医。日本体育協会公認スポーツドクター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)