トップへ

足の番人プロジェクト世田谷フットケア講習 足のケア 足の相談窓口|医療法人社団青泉会 下北沢病院運営

運営事務局 下北沢病院

〒155-0031
東京都世田谷区北沢2-8-16

足の健康について

足は健康の基盤。健康のためには歩くこと

健康寿命を伸ばすためには運動が大切です。しかし運動の基本となる歩行を行うためには「足」が健康でなければいけません。足のトラブルはこれまで軽視されてきましたが、現在多くの方が足の トラブルに苦しんでいます。

歩くことの効果


・心肺機能の向上

・高血圧の予防

・骨粗しょう症の予防

・糖尿病の予防

・肥満の予防

  

足の健康は「フレイル」「認知症」対策にもつながる

「フレイル」⇒虚弱(Frailty)

※3つのフレイル

  • 身体…筋肉減退など
  • こころ…うつ、認知機能低下など
  • 社会性…閉じこもり、孤食など
健康寿命・要介護・健康・フレイル・身体機能障害
  

足のトラブル〜アクティブライフの邪魔をする足の痛み〜

 

足のトラブル
  • 痛みに苦しむ『巻き爪・陥入爪患者』
    推定潜在患者数はなんと1,000万人と言われています。その人数を世田谷区の人口に換算すると、約60,000人の世田谷区民がこの爪の変形に苦しんでいる計算になります。
  • 高齢者施設利用者の96.5%が何らかの足趾の爪の異常を抱えていると言われています。
  • 爪の変形のみならず、タコ、ウオノメ、足のむくみ、足の痛みなど、いろいろな足のトラブルに悩まされている方が急増しています。
足のトラブル
  • 最も重要な「足の心筋梗塞」
    足の血行障害は進行が早く、最悪の場合切断に至ってしまいます。
    足の色調不良、冷感は早めに対処して足の壊疽を予防しましょう!

足のトラブル〜アクティブライフの邪魔をする足の痛み〜

「足は汚い」と考え、「足を隠す」習慣のある日本では、足の病気が重症化につながる危険性が危惧されます。その為に診療時等、足を出しやすい雰囲気づくりも必要になるかもしれません。またタコやウオノメ、外反母趾、アクティブライフの邪魔をする足の痛みがある場合にどこに行ったら診察してもらえるのか疑問に思われている方も非常に多くいらっしゃるのが現状です。

  • タコや痛いウオノメはどこに相談したらいい?
  • 外反母趾だけどこのままほっといたらどうなるの?
  • 足の指の色が悪くなって、冷たい
  • 最近足がむくんでいたい

都市部においては、通院に公共交通機関を利用する患者さんが非常に多いため、足に痛みや問題のある方は病院に行くのが非常に困難な環境となっています。そうした中で地域のみなさまの足を守るために、行政と介護保険施設、老人ホーム、高齢者住宅、クリニック、そして病院とが一体となって地域の足を支える体制が今後は重要となります。

 

 

『足の番人』
ご興味のある方、ご賛同いただける方

詳しくはこちら